府中市 京王線「東府中駅」の歯科医院
  • 最大
  • 標準
文字サイズ:

小児歯科

子どもの虫歯治療・予防をする小児歯科のご案内です

小児歯科とは

小児歯科とは、子どもの虫歯治療や虫歯予防の事を指します。生えてきたばかりの乳歯、永久歯は虫歯になりやすく、重症化しやすいと言われています。なぜなら子どもたちは、歯を構成する成分が未熟で、虫歯菌の作りだす酸に対しての抵抗性が弱いためです。

噛み合せがしっかりと出来あがっていない為、食べ物のカスがたまりやすくなります。食物を噛むことによる自浄作用も期待できない為、虫歯菌が酸を作りだし、硬いエナメル質を溶かしてしまいやすい状態です。そのため子どもには、大人とは違う子とものための虫歯治療や予防指導が必要です。

子どもの虫歯予防

子どもにとって、慣れていない場所へ来ることは、ただでさえ緊張するものです。子どもたちが歯医者さんを怖がるのは当然のことかもしれません。子どもに歯科治療の苦手意識を持たせない為には、ひどくなる前に治療をするこが大切です。そこで当院は予防に力を入れています。

当院では、フッ素(歯を強くする薬)を年に4~5回塗布、虫歯にならないように歯の溝を削らずに埋める治療(シーラント)などを行っています。さまざまな工夫をして、子どもの虫歯予防をサポートします。

フッ素塗布

歯にフッ素塗布をすることで、虫歯になりにくくなります。虫歯とは、虫歯菌が出す酸によって歯が溶けてしまうことですから、フッ素塗布をすることで歯はこの酸に強くなります。ただし、フッ素塗布をしたからといって必ず虫歯にならないというわけではありません。日々のメンテナンスはしっかりと行いましょう。

シーラント

シーラントとはプラスチックの一種です。歯の溝にシーラントを詰めることで虫歯を予防します。通常、歯の溝に溜まった食べ物のカスに、歯ブラシの毛先が届かず、キチンと歯が磨けない状態が出てきますが、その溝にシーラントを埋めることで、虫歯の予防効果が期待できます。

シーラントの処置は、歯と削ったりすることはありませんので、痛みはありません。シーラントはプラスチックの一種で安全な素材です。治療は保険診療となります。

ホームジェル(家庭でできるフッ素習慣)

ホームジェルを毎日使うことで、虫歯になりにくい強い歯をつくります。同時に虫歯の原因菌も抑えて新しい虫歯の発生も防ぎます。

当院では、子どもの虫歯予防のためブラッシング指導を、本人はもちろん、お母さまお父さまへも丁寧なアドバイスいたします。ぜひご家族一緒に声を掛け合って虫歯予防に努めてほしいと思っています。お子さまのお口の事で何か気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る